1年の節目となる日|母の日に贈るなら|日頃の感謝を形にする時
ギフト

母の日に贈るなら|日頃の感謝を形にする時

1年の節目となる日

大豆

冬から春へ移行する日

わが国で古くから行われている行事の1つに、節分があります。節分は立春の前日に当たる日のことで、現代の太陽暦では2月3日に該当します。この日は、各地でさまざまな行事が行われます。節分はもともとは「季節の分かれ目」を意味する言葉で、立春・立夏・立秋・立冬というそれぞれの季節をはじまりとなる日の前日、つまり年に4回ありました。しかしこのうち冬から春への移り変わりは1年の始まりを意味することで特に重要視されたため、やがて節分と言えば立春の前日を指す言葉として定着するようになりました。なお、節分が毎年2月3日なのは1985年以降のことで、予定では2024年まで続きます。立春は天体の運行によってずれることがあるため、節分もそれに合わせて2日になったり4日になったりすることがあります。

健康や幸福を願う行事

節分に行われる行事には地域ごとにさまざまな特色がありますが、ほぼ全国的に行われているのが豆まきです。季節の変わり目は体調を崩しやすい、とは今でもよく言われますが、昔の人はこれを超自然的な存在である邪気、すなわち鬼の仕業であると考えていました。そこで、生命力の象徴である穀物の豆をまくことで、鬼を退散させることを目的として始まったのが豆まきです。なお、現在では恵方巻という行事もよく行われています。これはその年の恵方を向いて太巻き寿司を丸ごと食べると福を呼ぶことができるという言い伝えによるもので、もとは大阪を中心とする関西地方の行事でした。それが1980年代の終わりごろから商業イベントとして利用され、全国的に広がりを見せるように至ったものです。ただし寿司を丸ごと頬張るのは行儀が悪いとして忌避する人もいるため、執り行う際には注意が必要となります。